FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅路(完結編)

こんばんは、あずさ32号です。


やっと完結編をアップする気になりました。自分でも10月に実行した大回りの旅を12月のそれも30日に書くことになろうとは微塵にも思わなかったです。その間2回ほど別の大回りの旅をしたわけですが、特に画像やネタも無いのでその大回りについては何もご報告することはないように思います。


おさらいです。現在地は東京。時刻にして17時ごろでしょうか。ここからは総武線(快速エアポート成田)に乗り、成田駅を目指します。
東海道線もそうですが、この路線にはほぼ全ての列車に普通列車グリーン席が設定されており、金銭的余裕があるときなどにはSuicaを用いてひょっと乗ってしまうことがあります。普通グリーンを利用したことがある方の多くの方々にはこの気持ちを分かっていただけると思います。
しかしながら私に金銭的余裕があるわけもなく、基本的に編成両端のクロスシート(ボックスシートとも)に座りに行くかロングシートで妥協をします。夕方下りの帰宅ラッシュにぶつかっているせいもあり、しばしば千葉駅までロングシートにさえ座れません。大回り乗車は座席争奪戦でもあるのです。

余談ですが大回り乗車は正規乗車であるとはいえ、制度の穴をついて格安で列車に乗っていることには変わりありません。ですから私は自分が立っている目の前の席が空いたとしても、座りたそうにしている人がいたら基本的に譲って差し上げることにしています。

話を戻します。成田駅に到着すると、今度は成田線(俗称・我孫子線)に乗り換えることになります。この我孫子線ですが本数が少ないこともあり、成田線(松岸方面ややこしいな)の列車との接続はあまり良くなく、15分以上待たされる事が少なくありません。この駅での接続は旅の計画時によく確認しておく必要があります。
我孫子線に乗って我孫子に向かいます。この間50分くらいです。

さて我孫子に着くころになると、いい感じに腹の虫が雄叫びをあげ始めます。ここで夕飯を食べます。それも盛大に。
「大回り」「我孫子」と聞いた時点でピンと来ている方もいらっしゃるかと思いますが、この我孫子駅には駅構内の立ち食いそばでも有名な弥生軒の「唐揚げそば・うどん」を食べることが出来ます。それがこちら↓(クリックで拡大)
IMG_0180.jpg
こぶし大はあろうかという鶏の唐揚げがドン!と乗っかっています。貫禄です。
ちなみにこちら、唐揚げ2個入りは440円、1個入りは確か340円だったと思います。
たまに成人男性の方でも残してしまう方がいらっしゃるくらい、かなりのボリュームです。おそらく大食いでない女性の方であれば1個入りで十分だと思います。
味はというとこれまた不思議に唐揚げがスープに合います。唐揚げ自体の味の主張はそれほど強くなく、少ししょっぱめのスープとうまくマッチして何とも言い難い協奏曲を奏でてくれます(ちょっと大げさですねw)
麺はちょっともっさりして歯ごたえもコシもない感じですが、これがコシのある麺だったりした場合それはそれで唐揚げと合わないのかもしれないと私は思うので、悪くないと思います。

とまあ軽い信者的な文章になってしまいましたが、一度食べてみる価値はあるそばだと思います。お口に合わなかったりしたらそれはそれでご経験ということで(汗

長くなりましたが、唐揚げそばを食べてからは最短経路(武蔵野線経由)で中央線某駅に戻るだけです。
これまた武蔵野線が結構長く感じるんですけどねw


3回に分けて語らせていただいた大回り乗車の旅でしたが、いわゆる乗り鉄の中でも安価で気軽にできる(何も私みたいに盛大に乗車せず、少し遠回りするくらいでも楽しいです)ものですので、このブログをご覧になってらっしゃる方も何かの機会に娯楽の一つとして実行してみてはいかがでしょうか。



それでは。


あずさ32号

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かみか堂

Author:かみか堂
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。